0120-027-261 〒590-0802
大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2-227-1
JR阪和線 百舌鳥駅前
TEL:072-244-7481
FAX:072-244-7637
定休日:水曜日
営業時間:9:00~18:00
建設業許可番号:大阪府知事(般-1)第141790号
宅地建物取引業者免許証番号:大阪府知事(2)第57234号

資金計画MONEY

HOME > 資金計画

理想のマイホームづくりには
しっかりとした資金計画が必要不可欠

将来を見据えたマイホームをつくるためには、しっかりとした資金計画を立てる必要があります。
お金をかければいい家は建ちます。しかし、住宅ローンで無理をして毎月の生活が苦しくなるのは幸せな暮らしとは言えません。
納得のいくマイホームが建った後もずっと幸せに暮らしていくには、無理のない資金計画が必要不可欠なのです。

理想のマイホームづくりのための資金計画

シェリールハウスでは、お客様が家づくりを考えはじめたとき、まずは資金計画を一緒に考えていくようご提案させていただいております。
新築を考えはじめる年代は、20代後半から30代前半と、子育て世代が多いような気がします。ついつい家を建てるまでの資金計画だけを考えてしまいがちですが、将来子供たちの成長に伴ってかかってくる教育費など、住宅ローン以外の出費も考えた資金計画にしなければなりません。
ご夫婦が共働きで合算収入で借りることができる金額が出たとしても、5年先、10年先に習い事にかかる費用や高校、大学入試など、住宅ローン以外に発生する、教育資金という目に見えないローンが始まっていると思っても良いでしょう。

また、教育資金とは別に、老後資金のことも考えなければなりません。収入に応じたマックスの借り入れをしてしまうと、家は建てたけどローンが大変で仕事漬けになってしまったり、外食や旅行など、家族で楽しく過ごせる時間がなくなってしまったり…幸せとは言い切れない暮らしになってしまう可能性があります。不安定な景気の波を考えると、月々のローンの金額も無理がないように計画しなければなりません。
いくらなら無理なく毎月返済していけるのかを考え、マイホームを持つためにどのような金銭的配分がいいのかあらかじめ資金計画を立てておきましょう。無駄を省き、こだわりたいところにだけお金をかけるようにすれば、満足のいくマイホームづくりができ、幸せな暮らしも可能になります。

「マイホームを建てたい」と思った時から、教育資金と老後資金のことまで考えはじめたら、「自分たちではマイホームは建てられないかも」と思う方もいるかもしれません。しかしそれは間違いです。
シェリールハウスでは、専門のファイナンシャルプランナーがこれらすべての資金に関するお悩みを解決できるようなご提案をしています。「年収が低いからマイホームは諦めよう」とお考えの方も、ぜひ一度、シェリールハウスにご相談ください。
お客様に合った資金計画をシェリールハウスが全力でご提案させていただきます。

補足

「無理のない支払いのために安い家を建てる」というのは間違いです。
せっかく建てた家が夏暑く冬寒かったり、毎月の光熱費がかなり高くなったり、「安い家=ランニングコストがかかる家」では、せっかく無理のない資金計画をしていても意味がありません。
高気密高断熱の省エネ住宅だからこそ、毎月のコストが抑えられ、将来的にはいいという結果も数多く出ています。
“快適でもなくランニングコストのかかる家”と“快適かつランニングコストが抑えられる家”、どちらが良いでしょうか。
資金計画は、ずっと快適に暮らしていけるための資金計画にしなくてはなりません。

©2021 Cherir house.