9月1日は防災の日

9月1日は防災の日

9月1日は防災の日

防災の日は1960(昭和35)年に、地震や台風・高潮・津波などの災害についての認識を深め、
それらの災害に対処する心構えを準備するために内閣の閣議了解により制定されたそうです。
9月1日の日付は、1923年(大正12年)の9月1日に起きたマグニチュード7.9、震度6の関東大震災にちなみ、
山岳部では山崩れが多数発生し、海岸部では津波が発生したといいます。
その被害の大きさから、この地震を教訓にするという思いが防災の日に込められているようです。
また制定前年の9月26日には、伊勢湾台風が上陸して史上まれにみる被害がもたらされましたが、
例年8月31日~9月1日付近は台風の襲来が多いとされる二百十日にあたり、
「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められています。

大地震などの災害に遭遇するのは、自宅にいる時だけとは限りません。
自分の職場にも最低限の防災用品をそろえておきましょう。
必要最低限準備するものは、笛・懐中電灯(居場所を知らせる)・ヘルメット・マスク・タオル・軍手(ケガの防止)・水・食料(命を守る)など。
しかし災害発生直後の徒歩での帰宅は、危険と隣り合わせということを意識しておきましょう。
火災や建物倒壊などの二次災害に巻き込まれることも想定し、無理に帰宅せず会社からの指示に従い、
会社にとどまる選択も重要になります。なお災害帰宅時においては、靴がとても重要です。
瓦礫や窓ガラスの破片が散乱していることを想定して、岩場でも歩けるトレッキング・シューズなどを備えておきましょう。