ユーザー車検(社長体験記)

ユーザー車検(社長体験記)

ユーザー車検

車の車検はいつもディーラーさんにお願いしていましたが、今回初めてユーザー車検に挑戦しました。

『車検』って車を公道で走らせるためには必ず受けなければなりませんよね。
その車検はディーラーさんとか業者に頼んでやってもらわないとダメと思っていませんか?
必ずしも業者で継続検査をしなければならないということはありません。

「ユーザー車検」ってご存知ですか?
自ら車検場に車を持ち込んで受けるシステムです。

車検予約方法

インターネットで予約できます。
車検当日までに必要書類等を準備してくださいね。

車検当日

車検当日は、車検場に車を持ち込んで「ユーザー車検窓口」にて「検査申請書類」を書きます。
 

車検ラインへ

車検ラインまで車に乗って並びます。

アナウンス通りに進んで指定の動作確認をしていきます。

費用

車検費用の大半は税金と、保険料です。
車検の検査料は、たった¥1,700なのです
ディーラーさんに車検を頼めば、結構ビックリするような見積もり金額がきたりしますよね。

今回車検にかかった費用は

・自動車重量税¥20,500
・自賠責保険代¥15,050
・自動車検査代¥1,700

 合計¥37,250の予定でしたが、

車検のラインで下廻りのドラックリングのブーツが破れていた為交換が必要になり、
・ドラックリンクブーツ交換¥25,000
・再検査代¥1,300

 合計¥63,550でした。

ちなみに前回はディーラーさんにお願いして、¥195,502かかりました。

いかがでしょうか?もちろんディーラーさんにお願いしたら細部まで車を診てくれて、
今回の私のように再検査になる箇所を見落とすことはなかったでしょう。