• HOME
  • シェリールハウスがご提案する健康住宅

シェリールハウスがご提案する健康住宅

シェリールハウスは「家族の健康を守りたい」その思い一つで自然素材の家を作り続けています。

近年建設される住宅は、気密性や断熱性を高めて快適さを追求する一方、シックハウスなど健康への悪影響が問題となっています。
その最大の原因は、建材や内装材、家具などから放出される化学物質。
家族を守るはずの家が、子供たちの病気の原因になることも。
自然素材の家は、こうした有害物質から家族の健康を守る家です。

肌に触れるもの全て、自然素材の家。

          

Cherirhouseこだわりの木材ラインナップ

          

—-お部屋ごと ・スタイルごと ・好きな肌触りの木材—-
好みの木材のチョイスで、お部屋の雰囲気もオリジナルに♪自然素材で健康的な暮らしとお洒落な住まいに。

こだわりの木材を好きなだけお選び頂けます。(定額制のビュッフェ式)

         

コーティング剤や内装剤・壁材も!使用するのは、もちろん天然素材の塗料

化学物質の出るコーティング剤や内装剤を施工する際に使用していては、いくら無垢材を床や天井に使っていても意味がありません。
しぇりー

天然塗料

       

ヘルシーカラー(天然ミネナル系壁材24色)

珊瑚のいぶき(壁材:天然白色珪藻土)

シックハウスの無い家づくりの前に、シックハウスとは?

シックハウス症候群とは
住宅と住宅内にあるさまざまな要素が原因となって
頭痛目の痛み、気分が悪くなるほどの症状が起こることを言います。
大きな原因の一つとして、内装材や塗料、接着剤などから放散されるホルムアルデヒドや、揮発性有機化合物(VOC)が考えられています。


「現在の住宅様式とその特徴」(
厚生労働省健康局生活衛生課 抜粋)


1.現在住宅はとても快適

すきまの大きい家では、冷房や暖房の効きが悪く、冷暖房費もかさみます。現代の住宅は、省エネルギーの観点からさまざまな建材や建築方法が開発されたため、家が「高気密」になってきました。そのことにより、外の暑さ、寒さ、騒音などの影響を受けにくく、わたしたちは快適な生活を送ることができます。

2.換気が止まると空気が汚れる

一方で、高気密の家では空気をいつも入れ換えていないと、空気が汚れてきます。外気と空気の交換が行われなければ、室内空気中の二酸化炭素濃度が上昇したり、ダニ、カビの胞子なども飛散した状態でそこにとどまったりと、室内の空気環境が悪くなってきます。


3.家具や壁紙にも、化学物質は使われます。

もともと家を建てる材料(内装材、建具などの建材)には、接着剤や塗料、溶剤などいろいろな化学物質が使われています。建材だけではなく、いす、テーブル、壁紙、カーテンといった家具や内装品にも化学物質は使われています。衣類の防虫剤、殺虫剤にも使われます。化学物質は私たちの日常生活に非常に身近なものです。ですから、私たちは化学物質と上手につきあう工夫をしなけ
ればなりません。

4.カビ・ダニなどにも 注意が必要です

住環境における健康影響は、化学物質によるものだけではなく、湿度環境、カビ・ダニなどに関係があることがわかっています。またストレスを多く抱える人がシックハウス症状を訴えやすいといわれているので、こまめな気分転換やストレスの軽減も大切です。

シックハウス症候群にならないための健康住宅

建築基準法24時換気システム(化学物質対策の為の24時間換気システム)

第3種換気
第3種換気方式とは、第2種換気方式とは逆で、入口である給気口は自然給気。出口である排気口にファンなどの機械換気装置が取り付いた方式です。
出口で空気を引っ張り出していることで、室内は外気より気圧が下がります(負圧となる)。
多くの場合、1階はトイレと洗面所、2階はトイレの換気扇で排気を行います。多くの場合、トイレの局所換気と併用されます。3つの換気方式の中で1番普及している換気方式です。


壁紙・床材等から放出される化学物質の濃度に危険がある為
建築基準法の改正により、ホルムアルデヒドを発散する恐れのある建築材料は、使用面積の制限がなされることになり
               ↓
24時間常時強制的に換気できる環境を整える為の、換気設備導入が2003年に法的に義務されました。

快適な住まいの為の

24時間換気を活かすために

ビニールクロスやフローリングを使用するより