すべて自然素材

すべて自然素材

Q.なぜすべて自然素材が必要なのか?

快適さを追求し、断熱性や気密性を高めた家が近年では開発されています。その結果、内装材や建材だけでなく家具などの至る所から科学物質が放出され、健康に悪影響を与えるシックハウスが生まれました。化学物質により子どもたちの健康に被害が出ていることも報告されています。「家族の健康を守りたい」その思い一つで自然素材の家を作り続けています。

使用する木材

使用しているのは、本物の厳選された”無垢材”

自然そのものの木材を”無垢材”と呼びます、まさに『純粋無垢』という言葉の通り。木材を丸太から切り出し、そのままの状態にすることで”無垢材”となります。その対になるのが、ブロック状に接着した木板で”集成材”と呼びます。自然そのままの木材だけを組み合わせて作った椅子や床で、小さいお子様に肌触り良く座ったり寝転んだりして過ごしてほしいと考えています。

約10枚に対して1枚しか取れないという、”奈良県吉野檜”の無節の木を使い続けています。無節の木は、適度に均一で細かい年輪幅を持つことで強度が高く、色艶があります。また、曲がりが少ないのは円心に芯があるからです。

天井一面に使用されるリブ加工とは、溝を一枚一枚に掘る加工方で手間暇がかかります。和室で多く使用され、光の当たり具合が溝により変化し、優れたデザイン性を感じさせます。天井から降り注ぐ光が、森林浴でリラックスしている様な雰囲気を生み出します。

「静岡産天竜檜」は、建具及び建具の枠材に使用します。

特徴は木目が美しいピンク色に見えることで、ヒノキチオール成分により抗菌作用があります。
天然ならではの、年月と共に変わる色合いも味わえる木材です。
ボンドでくっつけた塩化ビニールのベニヤ板の建具を使用する多くの住宅は健康に良くありません。その点、家中の全ての扉に無垢の建具を使用するのがシェリールハウスのこだわりです。

約10枚に対して1枚しか取れない”宮崎県の飫肥杉”による「無節」を常に使用しています。
高いクッション性の柔らかい杉は、幅広く小さな子どもからご年配の方まで安全にご使用いただけます。
裸足のまま快適で床暖房いらず、冬も冷たくならないのは熱伝導率が低いため。
健康に良い竹ふみのような感触は、足の裏を刺激する年輪の凸凹で、浮造りの特徴です。

他にも、こだわりの特徴ある多数の木材をご用意しています。桜・楢(ナラ)、パイン、栗、ハックベリーその他いろいろ。雰囲気や使うお部屋に合わせて、特徴を熟知したスタッフが木材をご提案いたします。

使用するのは、もちろん天然素材の塗料!

細かい材料も天然素材にとことんこだわるシェリールハウスです!

化学物質の出るコーティング剤や内装剤を施工する際に使用していては、いくら無垢材を床や天井に使っていても意味がありません。

“Dコート” 木の呼吸を生かし水をはじく不思議な塗料

木の表面仕上げ剤は、キッチンの造作カウンターや洗面所のコーティングに使用します。拭き取るだけでキレイになるため、醤油やコーヒーをこぼしても安心です。1度塗ると木の質感を損なわず、防菌、防汚効果を発揮し半永久的に持続します。

“きぬか” 100%お米から生まれた自然塗料

主原料が米ぬかの自然塗料を、床磨きに使用しています。無臭であり換気も不要で塗料中も安心、一切溶剤は使用していません。安全性は蒸留水並みで、人肌への刺激はありません。ホルムアルデヒド放散量、VOC5成分は全て測定下限値以下です。

壁にも自然素材使用!塗料にもこだわる

自然素材の壁材は、高い吸湿性や脱臭効果があり健康に良く、機能性にも大変優れています。本来なら湿気やすい押入れの中にまで自然素材を使用しているのは、シェリールハウスならでは!

壁の塗材は”天然白色珪藻土”と、ミネラル成分99%の粘土で作られています。

塗り壁材は”風化造礁珊瑚”を原材料に使用しています。この”風化造礁珊瑚”は綺麗な海から許可を得て採取される、泥砂などの不純物が混じらない沖縄の自然素材です。多孔質により優れた消臭・調湿効果を持つのが特徴。

また、マイナスイオンを発生するといった効果も注目されています。キレイな空気を作り出してくれるだけでなく、トイレやタバコの匂いや、ホルムアルデヒドなどの揮発性有害化学物質を吸収してくれます。冬には乾燥した空気中に水分を与え、夏には湿気を吸収する、まるで呼吸しているかのように家全体が快適空間に保たれるのです。

学校の食堂や病院で需要が多いのは、食中毒菌の繁殖を抑えるといった抗菌作用に優れているから。他には調湿、消臭効果もあり、ペットやタバコの様な生活臭を吸着しているのが天然ミネラル成分です。色合いはナチュラルで、木の家のイメージを壊しません。

選べる20種類以上のカラーも好評です!

押入れ内で使用されている”布壁紙”は、京都の織物工場で製造されています。普段戸を閉めたままの押入れは、空気の入れ替えが出来ません。

押入れに仕舞い込んだ布団や衣服に建材特有の匂いが染み込むのは、通気の悪いベニヤ板や輸入された桐に塞がれて有毒なガスがこもるからです。通気性を考慮したシェリールハウスは、無垢材を押入れ全ての面に使用し、その表面に”布壁紙”を貼りました。

じゃがいもから抽出したでんぷん粉で壁紙を貼り付けたら完璧!化学物質のボンドは使用しません。

お部屋同様、快適でこもらない調湿効果のある押入れが天然素材で完成します。

床下の防蟻用素材

蟻の防御策でも、環境、そして人の体に優しい素材を厳選しました

天然の炭が防蟻剤に最適です。こだわるべき重要ポイントは空気の通り道で、床下などの見えにくい場所に多数存在します。

“レーベン・キュアー”は天然素材の防蟻剤で、”特殊微粉末木炭”と”天然鉱石”で配合されています。忌避効果で、殺さずにシロアリを寄せつけません。同時に、加熱で発生する有毒ガスもありません。環境に優しく、人体にも影響のない塗料です。

“レーベン・キュアー”には調湿効果もあり、湿度にあわせて湿気を吸収、放出するという性質を持ちます。
なかなか手入れの出来ない床下の腐食を防ぐ、それは安心出来る暮らしにに繋がる大きな効果です。